2013年9月16日月曜日

『鉄鼠の檻』(京極夏彦)

「禅」をテーマにしたミステリー小説で、文庫本ベースで1376ページというボリューム感。禅に関しての薀蓄がふんだんにちりばめられており内容が難解なこともあって、本書を読了すること自体が苦行であり、禅修行的な要素をもつという画期的な作品に仕上がっています。

本書を読み進めるなかで、妙に腹に落ちる感じのした一節を以下に引用します。某番組の超能力者 vs 科学者の議論がいつもかみ合わないのは、こういうところに原因があるような。

「妖怪変化- 怪異と云うのはそもそも理解不能のものを理解するための説明として発生したものなんだぞ。云ってみれば科学と同じ役割を持ったものなのだ。その怪異を科学的に考察すると云うのはナンセンスじゃないか。説明機能自体を別の説明機能を用いて説明するなんて愚かで野暮だよ。塩に醤油をかけて喰うようなものだ」

2013年9月15日日曜日

『グーテンベルク』(マイケル・ポラード)

偕成社の「伝記 世界を変えた人々」シリーズ第15巻。
主人公のグーテンベルクは言わずと知れた印刷術の発明者で、人類史上最初のIT革命のトリガーを引いた人物と言えます。

そんな偉大な人物の伝記にも関わらず、第一章の表題は「気がかり」。なんて冴えない表題なんでしょうか。共同経営者であるフスト氏との裁判に完敗し、20年がかりで完成させた印刷機械や事業を失うところから話は始まります。部下にも「わたしたちも生活してゆかねばなりません」と見放され、ひとり途方に暮れるグーテンベルク。哀れグーテンベルク。悪漢フストに天誅を! 

しかし読み進めていくと、実は印刷機械の開発や膨大な印刷実験にかかる費用は全てフスト氏の融資によって支えらており、しかもグーテンベルクは借金を再三踏み倒していたことが判明します。
そう、冒頭の裁判は「貸した金を返せないなら、てめえが開発したもの全部渡しやがれ」という訴えによるものだったのです。グーテンベルクはこういったいざこざをいろいろなところで起こしていたようで、皮肉にもそれらいざこざの裁判記録が謎の多いグーテンベルクの足跡をたどる有力な資料になっているそう。

本書では、最後は「借金をさらに増やしてでも仕事をやり遂げたこと」、そして「印刷術によって自由な知識へのとびらを開けたこと」を評価し、グーテンベルクについてポジティブな終わり方で締めくくっています。が、その裏で事業資金を供給し続けたフスト氏にももっとスポットライトが当たってよいのではないでしょうか。いやもちろん余人をもって代え難いのはグーテンベルクのほうですし、キュリー夫人やマザー・テレサと比べ「フスト」では役不足感は否めないので、「グーテンベルク with F」ぐらいのつつましやかなポジショニングで伝記になること期待します。

2012年11月23日金曜日

苦言を呈するということ

伊賀泰代さんの新刊『採用基準』に、リーダーたるものKYはダメだけど空気を読むあまり言うべきことを言えないのもダメという趣旨のことが書いてて、でも実際は難しいよなーと思っていたところ、ソリューションを見つけました。

水野敬也「ウケる日記」
http://ameblo.jp/mizunokeiya/entry-11402854925.html

...
ビジネス造語をこのケースに応用して、KYS(空気読みすぎ)という言葉を使うようにしたらどうでしょう。例えばよくある会社の会議風景で、

課長: 「みんな黙ってないで意見いいなさい。A君はどう思う?」
部下A: 「えぇと・・モゴモゴ」
課長: 「もういい!」

というシチュエーションも、KYSを使うことで、

課長: 「あれ?今日の会議はみんなKYS入ってない?遠慮せず意見言いなさい」
部下A:「では言いますけど、課長の頭がヅラかどうか気になって会議に集中できません」
課長:「?!」

というようにブレイクスルーが起きること間違いないかと思われます。ぜひ皆さんも煮詰まった会議でお試しください。(責任はとれませんけど)

2012年4月30日月曜日

職業図鑑「星座クリエイター」

星座クリエイターの大和猿田彦(やまと・さるたひこ)さんに話を聞いた。

「本日はご多忙のなかお時間を頂戴しありがとうございます」

「どうも」

「さて、早速質問なのですが、そもそも星座クリエイターというのはどのような職業なのでしょうか」

「夜空を見上げると無数の星が瞬いていますね。あれらをつなぎ合わせて、命を吹き込むことが星座クリエイターの仕事です」

「ははあ、要は星座を創作すると」

「いえ、命を吹き込むのです」

「あ、失礼しました。星々に命を吹き込むのですね」

「そうです」

「しかし少し不思議に思いますのは、さそり座や乙女座など既に知られている星座がありますよね。にも関わらず、あえて新しく星座をつくろ・・いえ、星々に命を吹き込もうと思われたのはなぜなんでしょうか」

「いま世に知られている星座はどれもヨーロッパ発祥のもので、ギリシャ神話にもとづくものがほとんどなんです。でもよく考えたら、その見方に全世界が縛られるのはおかしいのではないかと。地域地域の独自性があってもいいんじゃないかと思い、日本ならではの優れた物語を紡ぎだそうと思い至ったのが背景です」

「なるほど、興味深いですね。具体的にはどういったものを創られたのでしょうか」

「たとえばこれを見てください」 (大和氏、星図を前にずっと差し出す)

「これらの星を結びつけると、『心』の字になりますね。これは手刀座といって、力士が懸賞金をもらう際にする仕草をかたどった星座です」

「なるほど、いかにも日本ならではですね。あれ、この4-6等星を集めた星座は?」

「それは『かつら座』ですね」

「かつらですか・・どういった物語があるのでしょうか?」

「それはさておき、ここみてください。『金色夜叉』という星座なのですが、春夏秋冬と4つの季節にわたって展開する星座で、1等星 3個、2等星 5個、3等星 17個、4等星 42個、5等星以下 108個を贅沢に使った野心的な作品です」

「たしかに物語性は濃厚な感じはしますけど、ここまで来るとなんでもありな気が・・」

2011年9月26日月曜日

一言ものもうしたく候


ソフトモヒカンより調髪のほうが明らかに手間かかるやろ。



業種ごとに分けてる意味がわからない。全くもってわからない。